知的財産を生み出し活用する仕組み作りをご支援いたします。

 自分の発明を他人に勝手に実施させないことができる権利が特許権です。

 

 でも、特許権を取得するためには、費用も時間もそれなりにかかります。

 

 また、特許権を取得しても効果があまり期待できない場合もあります。

 

 では、どういった場合に特許権の取得を目指したほうがいいのでしょうか?

 

 例えば、

 

  • 侵害されたことがわかりやすい発明かどうか
  • 基本的な技術かどうか
  • 模倣されやすい発明かどうか

 

などといったことが目安となります。

 

 このような場合に特許権を取得することができれば、特許権の効力を活用しやすくなります。