弁理士の紹介

弁理士

所長弁理士・技術士 深澤 潔

 

知財ビジネス活用ナビゲータとして、新しいアイデアの創出や、生まれたアイデアから他社とは異なる価値を引き出し、その価値を知的財産として保護・活用するしくみ化に尽力している。

 

京都大学工学部卒業後、石川島播磨重工業株式会社(現(株)IHI)にて宇宙ステーション等の宇宙環境を利用する機器の研究・技術開発・設計に従事。
以降、20年以上にわたって機械・制御を中心とした技術と係わり、技術士(航空宇宙)を登録(No.41923)して技術の道を進む。

 

発明者として知的財産に係わる中、アイデアを価値につなげる特許権のような知的財産権の魅力を発見し、その後、国内最大手国際特許事務所へ移って、弁理士登録(No.14213)。知的財産についてのさまざまな業務に従事。

 

知的財産が事業に直結する中小企業・ベンチャー企業へのご支援に特化するため明立特許事務所を設立。

 

起業前に独自アイデアによる特許権を取得、この特許権に基づき起業された主婦や、特許権に基づく融資を得て事業展開された方をご支援。さらに、下請脱却のためのロードマップ作成から自社製品の製造までをバックアップした実績を持つ。

 

弁理士登録(No.14213)
特定侵害訴訟代理業務付記

 

内閣府 (公財)日本生涯学習協議会 認定ビジネスモデルデザイナー(No.85990109)

 

  • 日本弁理士会、日本技術士会、日本航空宇宙学会、日本機械学会、各正会員
  • 日本弁理士会 知財経営コンサルティング委員会副委員長(2013年度)
  • 日本弁理士会 知的財産支援センター 委員(2008年度〜)
  • 日本弁理士会 知的財産経営センター 委員(2015年度〜)
  • 同 知財価値評価人(2011年度〜)
  • 日本弁理士会 関東支部 東京委員会副委員長(2011年度〜)多摩部会長(2014年度〜2016年度)
  • 日本弁理士会 関東支部 常設特許相談室 相談員(2009年度〜)
  • 知財総合支援窓口専門家(2015年度〜)
  • 日本知的財産仲裁センター 事業適合性判定人

  • 一般社団法人東京技術士会 監事(2013年度〜2016年度)、知的資産経営支援センター 代表(2009年度〜)PEIT
  • 一般社団法人技術知財経営支援センター 会員(2012年度〜)PCIP


  • (地独)東京都立産業技術研究センター エンジニアリングアドバイザー(2013年度〜)
  • (独)中小企業基盤整備機構 新市場開拓コーディネーター(2013年度〜2015年度)
  • 東京都商工会連合会登録エキスパート(相談員)(2007年度〜)
  • 医工連携コーディネータ(2009年度〜)
  • 富士通ラーニングメディア認定研修講師(問題解決スキルファシリテーション、ロジカルシンキングスキル担当)(2008年度〜)

 

その他、公的機関の各種補助金・助成金等の審査員、専門相談員等

 

関東経済産業局/広域関東圏知的財産戦略本部発行の「知財戦略コンサルティング活用事例集2010〜知的財産経営の定着のために〜」調査報告書に、深澤が専門家として参加、ご支援した事例が公表されております。
事例集表紙

 


ご挨拶

大学・メーカー・国際特許事務所時代を通して多くの方々とのご縁を頂き、今日の業務を進めることができております。

 

ご縁を頂いたすべての皆様に感謝いたします。

 

どのアイデアも悩んだ末に生み出されたものだと思います。

 

苦労して生み出された可能性を5倍、10倍にして生かすお手伝いをいたします。

 

「知的財産を有効に生み出し、適切に活用していただきたい」

 

「特許や意匠、商標等についての悩みを早く解決して本業の発展に力を入れていただきい」

 

そんな思いをこめて業務に励んでおります。

 

お問い合わせは下記までご連絡ください。

 

042-306-5266

執筆例

「知財管理」2016年12月号(発行:一般社団法人 日本知的財産協会(JIPA))

知財管理
知財管理2016年12月号
「知的財産権からみた対外発表における情報管理のポイント」

 

 

「近代中小企業」2017年1月号(発行:中小企業経営研究会)

近代中小企業
近代中小企業2017年1月号
「オープン・イノベーションを円滑に進めるための「基礎知識」と「注意点」」

講演例

一般社団法人首都圏産業活性化協会様第8回クラスターサロン

演題名:知的財産権との付き合い方
事例集表紙

 

 

 

 

一般社団法人日本知的財産協会建設部会様

演題名:各業界の事例からみた知的財産活用
講演